史上最高のプロジェクトマネージャ

GW以降参加しているプロジェクトのPM(プロジェクトマネージャ)さんは、間違いなく今まで見たPMの中で最高だ。

スキル、マネジメント、人望ともに非常に高いレベルでバランスしている。

やっていることに、あっと驚くようなことは何もないのだが、全てが理に適っていて無理がない。

ここまでバランスが取れている人だと、奇をてらったことは何もしなくても、当たり前のことを適切に実行するだけで、素晴らしいパフォーマンスが出る。その人個人だけではなく、チーム全体として。



やってることの一つ一つはあまりにも当たり前のことばかりなので、技を盗んだら自分のレベルが一気にあがるというものではないのだが、やることなすこと全てが勉強になる。



例えば、メンバーの誰かが病欠して遅れが出た場合は、並(8割がた)のマネージャは、



「てめーの分担の分で遅れが出たら、徹夜でも休日出勤でもして、他の作業に影響が出ないように巻き戻せ」



というのがIT業界の標準だが、このPMさんはそんな個人の頑張り任せなことはしない。

誰かが体調不良とか、予算や上流工程の問題で手が止まってしまったら、即座に誰かをヘルプに入れるか、他の作業を割り振る。


ある意味当たり前過ぎて、特に何でもないマネジメントなのだが、ある作業にどっぷり人を埋め込んでしまうのではなく、タスクとリソースを自在に組み替えられるように柔軟に運用するのを本当に実現しているのは、10年ちかくこの仕事をやってきて、初めて見た。


誰でも理屈は知っているが、実際にやってみせるのは大変に困難なことというのは色々とあるものだ。

掛け声ばかりうるさくて、実質は何の役にもたっていないPMが多いこの業界で、これぞ本当のマネジメントと言えるマネジメントをやれるPMを、初めて見た。

こういうPMさんばかりなら、ITはエエ仕事なんだがね。



この優秀なPMさんの下でずっとやれるなら、この現場はなかなか捨てたものではないが、ぐだぐだなプロジェクトの方が圧倒的に多く、優秀な管理職の数は少ない。

このPMさんの下なら仕事しますというように、下から指名することは出来ない。

今のPMさんの下から外れるときが、この現場からの退き時かな。



今やってるプロジェクトも、プロジェクトの内容的にはWiMAXの支払管理関係で完全にハズレプロジェクトだ。エンドユーザーが海外なので、仕様のやり取りがままならず、さっぱり確定しないので、見切り仕様で開発を進めているというリスキーさ。

プログラマーの質がイマイチなので、バグが多く、テストはやりなおしばかり。



そんなダメプロジェクトだが、不思議とこのPMさんの下だと、デスマーチに突入している感はなく、自分達は上手くやれているという手応えがあるので、モチベーションが下がらずに済んでいる。

多少の残業も苦にならない。まさしく名将の下に弱兵はいないのだなと思った。
典拠 WiMAXの機種を比較 WX04とW05 どっちが良いかズバリWiMAX機種比較